毎年の夏季の危険は、腹部が軽くなることだ。夏バテは体の最高弱々しい部分に出やすいと言われています。我々はそれが腹部なのです。刺々しいものを多数取る時間なのに 氷の入ったドリンクなど刺々しいものを食べるとアッという間におなかが弛くなる。そうして腹部の調子が悪い実態が2,3日光続いてさほど取ることができなくなります。油断して白々しいものを食べてしまうっておなかをまた薙ぎ倒すこういう循環を夏季内輪増やすのです。ほんとにこれが辛いのです。
暑い時に冷えたアイスコーヒーアイスラテを飲みたい!冷やし中華を真昼に食べたい!アイスクリームが食べたい!それでもここ合計出来ないのが哀しい。夏季もお茶やコーヒーは賑やかで飲んで、汗だくだく。
そうしてこういう腹部の調子が悪いはお肌にもろ出てくるのです。スキンに大人のにきびが叶うし、めったに食べることが出来ないから養分が足りていない。サラダとか生野菜が取れないのでミネラルが足りてなくてスキンがガサガサになるのです。スキンが荒れていて、洗い後のスキンケアでスキンがしみるのです。いつも慌ててクリームをつけてパタパタはたいて疼痛をごまかしている。スキンも腹部のステップも悪くて、口内炎もでき易いから夏は大嫌い!ご主人の肝臓を考えて献立を考えてますか?